学術研究・教育・医療

Webサイト作成

学術団体や学校、病院などのWebサイトでは、知名度の向上だけでなく、信頼性や安心感といったイメージが重要です。
信頼性や安心感を与えるために、緻密な設計と、教育方針や理念が的確に伝わるデザインが必要になります。
アンクベル・ジャパンでは、これまで多くの学術団体、学校、病院のWebデザインを行った実績から、クライアント様の魅力と個性を最大限にアピールできるデザイン・コンテンツをご提案します。

マーケティング

団体・施設のWebサイトはユーザーが特定されているため(研究者や学生・患者など)、彼らにとって使いやすく魅力のあるコンテンツを提供することに焦点が置かれます。
団体・施設の長所やオリジナリティを引き出し、アクセス解析やマーケティングの分析結果から、ユーザーが求めるユニークなコンテンツをご提案します。

サイト構成

ターゲットとなるユーザーにとって使いやすいWebサイトを設計します。
例えば、お年寄りの閲覧者が多い病院サイトでは、文字の大小選択、ユニバーサルデザインフォントの使用、サイト内での現在地が分かるリストを表示するなど、分かりやすいサイトが求められます。
一方、閲覧者が学生・研究者のサイトでは、調べたい情報へ速くたどり着けたり、関連トピックスの自動表示など、情報を集めるための使いやすさが求められます。
このように、ユーザーに適した導線設計やユーザビリティに配慮してサイト構成を行います。

※弱視や老眼、白内障等、衰えによる視力の低下に悩む人々に配慮された、視認性・判読性・可読性に優れたフォント

デザイン

デザインは、Webサイトのイメージを決定づける重要な要素です。
マーケティング結果から分析し、サイトのイメージを理論的に決定します。
また、イメージだけではなく、見やすい色や文字の大きさなどユーザビリティに配慮して設計します。