学術研究・教育・医療

ロゴデザイン

ロゴは団体や施設を表現する“シンボル”となる重要なものです。
団体や施設の本質を表現し、財産となり得るロゴをデザインするには、緻密な設計が必要です。
アンクベル・ジャパンでは、数々のロゴ制作の実績から、長期に渡って愛されるロゴデザインをご提案します。

コンセプト設計

ロゴの開発において、普遍的な本質を表現するため、その団体・施設のアイデンティティをデザインの基軸とします。
ロゴデザインを行うには、表現の基となるコンセプトを明確にする必要があります。
コンセプトが明確でない場合、ヒアリングを重ね、まずはその正確な把握からお手伝いし、デザインのご提案へと繋げます。

デザイン開発

コンセプトを提案し、クライアント様との間で方向性を確認したら、デザイン開発を行います。
ロゴは長い間人目に付くもののため、適切な意味が表現され、なおかつ形としての完成度が高くなくてはなりません。
形としての完成度を高めるには、パソコンソフトの設定で一発というように数値的な形態のままでは行えず、非常に細やかで慎重な調整が必要です。
数多くのデザイン実績を持つデザイナーが、こうした細かな部分まで徹底して設計し、ご提案します。

ガイドラインの制作

ロゴを充分に活用できるよう、必要に応じてガイドラインを作成します。
ガイドラインの作成は、ロゴの的確な使用を可能にし、様々な媒体での使用を可能にします。ロゴについて分かりやすくまとめたガイドラインを策定します。