ブランディングデザイン

データベース連動システム

データベースはたくさんの情報を記録できるため、PHPやASPなど他のシステムと連動させて、大量の情報を効率よく扱うことができます。
膨大な量の製品情報をデータベースに納めてWebサイト上で利用したり、会員の個人情報を記録し、パーソナライズなページをリアルタイムで表示させたりすることも可能です。

データベース構築

まずはヒアリングを行い、データベースの利用が最適かどうかを検討します。
データベースの構築は、構築後の管理のしやすさが成果を大きく変える要因になりますが、そのためには多くのノウハウと経験を必要とします。
多くの構築実績を持つアンクベル・ジャパンでは、Webディレクター、SE、プログラマー、コーダー、デザイナーがチームを組み、構築から円滑な運用までをしっかりサポートします。

【データベース構築 導入事例】

ユーザーに合わせて自動的にページを生成するWebサイト

複雑な商品を扱う企業では、アフターサポートの良さがブランドイメージに繋がります。
わからないことは製品のWebサイトで調べることが当たり前となった現在では、求める情報がすぐに見つからないと不満に直結します。
何千何万という商品の情報をデータベースで一元管理し、お客様が抱えそうな問題を事前に予測し、お客様のパーソナルページに自動的に表示させることも可能です。
これにより、お客様は問題を自分で解決することができ、その企業に対してよいイメージを形成します。