ブランディングデザイン

Webサイト作成

ブランディングとは、企業が顧客にとって価値のあるブランドを構築するための活動を指します。
ブランディングを行いたいと考えている企業の課題は、「たくさんのお客様に信頼され、選んで頂けるブランディングを行いたい」「ブランディング戦略の問題点を把握し、強化を図りたい」などがあります。
企業戦略に効果的なツールとして「Webブランディング」をご提案します。
例えば、Webサイトが得意とするCI・マーケティング・サポートの3つを組み合わせることで、「ファン(生涯顧客)」を作り出すことが可能になります。
アンクベル・ジャパンでは、Webブランディングを実践する上で最も必要なプロのWebプロデューサー(戦略、戦術策定を行う人材)が、ブランドの価値を高めます。

マーケティング

デザイン、Webサイト構成以前に、入念なマーケティングと、確かな戦略方針の決定が必要になります。
アクセスログ解析やアイトラッキング調査などの手法を用いて、ユーザーのニーズや利用動向の把握、クライアント様の強みを最大限にアピールできるコンテンツ開発など、適切な対応策を決定していきます。
Webブランディングにおいてクライアント様が持つ強みと特徴を引き出し、他社との差別化を図ります。

サイト構成

Webブランディングにおいて、ユーザビリティ(Webサイトの使いやすさ)は重要な意味を持ちます。 訪れたユーザーに対して、ストレスなく適切なコンテンツを提供できれば、ユーザーはそのWebサイト(=企業)に良い印象を持つことになります。
数多くのWebサイト構築の経験と知識から、コンテンツを理論的に配置し効果的なコンテンツ設計をご提案します。

デザイン

デザインは、ブランディングの成否を分ける最重要課題の1つです。
勘と経験に頼るデザイン制作ではなく、イメージに関わる因果関係を理論的に整理することによって、説得力のある最適なイメージ形成を行います。
アンクベル・ジャパンでは、Webブランディング戦略をWebプロデューサーとデザイナーが共有し、ブランド価値を魅力的に伝達するために最適なデザインをご提案します。