ブランディングデザイン

ロゴデザイン

ブランディングにおいてロゴデザインは最も重要な要素です。
ロゴデザイン開発は、企業の方針や理念をよく理解するとともに、企業の個性を探り出し、コミュニケーションの方向性を明確にする作業です。
企業にとっての訴求ポイントがロゴに明確にデザインされているか?、多様なメディアに展開する応用力があるか?といった項目をクリアしながら、ロゴを設計します。

マーケティング

クライアント様とのお打合せ・ヒアリング後に、マーケティングを行います。
ヒアリングでお聞きした経営トップの展望、問題点などを明らかにし、マーケティングによってブランドターゲットやブランドポジション、企業に必要な点を見極め、コンセプトを決定していきます。

デザイン開発

コンセプトを提案し、クライアント様との間で方向性を確認したら、デザイン開発を行います。
ロゴは長い間人目に付くもののため、適切な意味が表現され、なおかつ形としての完成度が高くなくてはなりません。
形としての完成度を高めるには、パソコンソフトの設定で一発というように数値的な形態のままでは行えず、非常に細やかで慎重な調整が必要です。
数多くのデザイン実績を持つデザイナーが、こうした細かな部分まで徹底して設計し、ご提案します。

CI、VIガイドラインの制作

ロゴを充分に活用できるよう、必要に応じてガイドラインを作成します。
ガイドラインによって様々な媒体での表現を統一し、ブランドイメージを崩すことなく的確に使用できます。
CI、VIデザイン過程で抽出された項目を基に、分かりやすくまとめたガイドラインを策定します。

※VI…ロゴを決められたルールで広告や印刷物に展開し、統一性のあるブランド訴求を行うこと