シンポジウム・イベント・展示会

データベース連動システム

データベースはたくさんの情報を記録できるため、PHPやASPなど他のシステムと連動させて、大量の情報を効率よく扱うことができます。
イベントの参加者情報を記録し、個人のスケジュールページを表示させたり、過去のイベントの講演内容をデータベースに納めて参加者だけが閲覧できる特典として利用したりと、イベントに様々な付加価値をつけられます。

データベース構築

データベース構築は、構築後の管理のしやすさが成果を大きく変える要因になりますが、そのためには多くのノウハウと経験を必要とします。
多くの構築実績を持つアンクベル・ジャパンでは、Webディレクター、SE、プログラマー、コーダー、デザイナーがチームを組み、構築から円滑な運用までをしっかりサポートします。

【データベース構築 導入事例】

参加申込、宿泊申込、演題投稿、スケジュール管理ページの作成

参加申込、宿泊申込などをWebサイト上で本人に直接行ってもらうことにより、データベースでの一元管理が可能になります。
また、参加者へ個別にID、パスワードを発行することで、参加者一人ひとりのマイページを自動生成させることもできます。
マイページ上では、会期中の自分のスケジュール確認や、登録内容変更の履歴の確認など、運営事務局への問合せの負担が軽減できます。