シンポジウム・イベント・展示会

Webシステム開発 予約受付系

イベントやシンポジウムの運営者は、限られたコストと人材で最大限のパフォーマンスを発揮することが求められます。
宿泊・交通・弁当・分科会等の有無など、多岐に渡る受付業務を少ない人数でスムーズに実現するためには、データで一元管理できる受付システムの構築が必須です。
アンクベル・ジャパンでは、受付業務を軽減する使いやすいシステムをご提案します。

導入事例

【多様な受付方法】

予約の受付方法として、Web予約、モバイルサイトからの予約、自動音声による電話予約、窓口受付の方法があります。
現在ではWeb予約が主流ですが、来場者が高齢者の場合、インターネットが使えないこともあり、他の受付方法の用意が必要となります。
アンクベル・ジャパンでは、多くの受付システム開発に携わったプロデューサーがヒアリングをし、様々な受付方法からでもデータ管理がしやすいシステム開発をご提案します。

【受付項目をカスタマイズ】

年間多数のイベントを行う場合、イベントごとに必要な受付項目が異なります。
受付項目の追加や削除を自由にカスタマイズできるシステムを開発することにより、担当者自身で必要な項目を設定することが可能です。
クライアント様のご要望を叶える、フレキシブルなシステムをご提案します。